エクラシャルム

ニキビ痕のレーザー治療とは

ニキビの炎症が酷い場合、ニキビ痕を残してしまう場合があります。
ニキビ痕のひとつであるクレーターは、ひどい炎症を何度も繰り返すことで、毛穴の内側や周辺の組織が壊れてしまい、皮膚が再生しても肌が滑らかにならず起こります。

 

ニキビ痕の治療にはさまざまな方法がありますが、凸凹になった状態のクレーターに有効な方法はレーザー治療です。
これは凸凹になった部分を削って、肌をフラットにする施術です。
医療用のレーザーメスを使って、気になる部分を照射します。
照射した部分は炎症を起こし、赤みを帯びていますので、2週間ほどガーゼで患部を覆う必要があります。
完全に赤みがとれるのに数か月ほどかかります。

 

その間、十分なケアが必要であり、とくに紫外線対策を徹底しなければなりません。
レーザー治療を行ったデリケートな状態の肌にとって、刺激の強い紫外線は大敵です。
化粧品は紫外線カットのものを、外出時には日傘や帽子などを使って紫外線対策を十分に行ってください。